日本戸山流居合道 大阪府連盟

日本戸山流居合道 大阪府連盟とは

明治、大正、昭和と武道体育の歴史において有名な旧陸軍戸山学校の武道の中に取入れられた居合道を基本として発展してきました。大正13年、旧軍部の召集の元、全国から様々な武道家が旧陸軍戸山学校に集い、居合道においては、それまでの古流居合の剣技を実戦に即応できるものを中心に組立てたものが戸山流居合道であります。

日本戸山流居合道連盟は、居合界において北海のひぐまとの異名をとった故・山口勇気先生が昭和47年に北海道恵庭市に於いて起ち上げ、初期戸山流居合道の思想を受継ぎます。大和と協調、人間の邪念 弱さを一刀で斬捨てる。これが山口宗家の居合観であり、数多くある居合道の団体の中では、立ち技専門の特異な存在であり、その内容は 剣法12本、基礎居合10本、奥居合10本があります。

流祖  故・山口勇気
宗家  山口照子
総本部 北海道北広島市仁別

故・山口勇気先生100歳の試斬